HOME > 体にいいことアルカも。〜栄養士コラム〜 > 体の内側からキレイに

体にいいことアルカも。〜栄養士コラム〜

体の内側からキレイに 薬に頼らず安心して解消

便秘には食生活が大切です。

便秘には、大腸の緊張・運動が弱いために便が出にくい弛緩性便秘と、逆に大腸の緊張が強すぎて便の進行が悪い、痙攣性便秘があります。便秘になると、腸内細菌が正常な働きをしなくなり、大腸がんの原因にもなります。
自分がどのタイプか見極めて快便生活を目指しましょう!


 
便秘とは?

便秘とは、3日以上排便がない状態で不快な症状があり、日常生活に支障がある場合をいいます。 便秘には、大腸の緊張・運動が弱いために便が出にくい弛緩性便秘と、逆に大腸の緊張が強すぎて便の進行が悪い、痙攣性便秘があります。便秘になると、腸内細菌が正常な働きをしなくなり、大腸がんの原因にもなります。
自分がどのタイプか見極めて快便生活を目指しましょう!

便秘解消のポイント
弛緩性便秘解消のポイント

適量の脂を取る。(潤滑油の働き)

刺激の強い物を選ぶ。

食物繊維を多く含む食物を選ぶ



痙攣性便秘解消のポイント

食物繊維の摂り過ぎに注意する。

刺激物を控える。


食物繊維を含む食品は・・・

麦飯、いも類(さつまいも、さといもなど)

野菜(小松菜、竹の子、ごぼう、ふき、もやし、セロリ、せり、根深ねぎなど)

藻類(こんぶ、わかめ、かんてん)

豆、こんにゃく、きのこ類


腸を刺激するものとは・・・

冷水、牛乳、香辛料、炭酸飲料 、ビールなど。特に冷たい牛乳や冷たいジュースは、早朝、空腹時に飲むと刺激が強い。

規則正しい排便のためには、まずは、毎日の食事を規則正しく食べる事からです。特に朝食は、胃に食べ物が入ると腸が刺激されて動き出すので重要です。そして、我慢せずに規則正しい排便リズムを作ることも大切です。
ページのトップへ
兵庫、神戸・関西圏のドラッグストアを展開しています
Copyright(C) ARKA CO.,LTD. All rights reserved.