HOME > 先輩の声 > 社員紹介 岡田さん

先輩の声

社員紹介 岡田さん

朝9時30分に出勤して、私の仕事は10時開店の準備から始まります。まず店内に片付けた買い物カゴを店頭に出して、前日に売れた商品の補充をします。売り出し期間中は、お客様に売り出し期間中であることがわかるようにチラシを吊り下げたり、見やすい場所に貼ったりします。10時の開店と同時にお客様が来店されるので、ここできっちり「いらっしゃいませ」と挨拶をします。お客様に気持ちよく買い物をしていただきたいと思って挨拶していますが、併せて、改めて自分に気合いを入れてもいるんです。

発注してあった商品が入荷すると、商品の検収をして、届いた商品を店頭へ補充します。陳列で一番大切にしているのは、お客様が見やすいように、ということです。午後にはレジの精算を行いますが、これは一日の売上を算出する大事な仕事なので、正確さを第一に行なっています。店全体のお金のことなので、この業務には特別の緊張感がありますね。

タ方は、レジ業務と商品の補充を行います。レジ業務でも、お客様に気持ちよく買い物をして帰っていただくために、しっかり「ありがとうございます」と言って、笑顔を努めています。[気持ちよい]ということがとても大切だと思うので、笑顔や挨拶はとても大切だと思っています。

これからたくさんのことを理解して覚え、そして実行し、そのためにも人間関係を大切にして…、こういうことの積み重ねが一人前につながると、私は考えています。

私の入社の決め手

就職活動では多くの職種の企業の説明会や案内に参加しました。その中でこの小売業を選んだのは、一番[普通のくらし]に近い業種だと思ったからです。メーカーや商社等たくさんの企業で話を聞きましたが、多くは企業対企業の話で、[普通のくらし]との接点を感じる話はあまりありませんでした。その中で、身近にしっかりと[くらし]を感じる話しを聞くことができたのがナガタ薬品でした。地域蜜着型の企業で、お客様の二一ズに応えるというスタイルにも共感しました。

また、他の小売業の話も聞きましたが、多くの企業が会社を大きくするための全国展開という話をされていました。しかし私は、全国展開だけが会社の発展ではないだろうと考えていました。
ナガタ薬品の説明会に参加した際、私は社長の言う「地域密着型のドラッグストア」という言葉を聞いて、「これだ!」と思いました。地域に密着して住民の信頼を得、そして会社が発展する。これは、双方が笑顔になれる!と思って、入社を決意しました。

ページのトップへ
社員紹介 岩城さん 社員紹介 岡田さん 薬剤師紹介 田中さん 薬剤師紹介 松本さん 店長紹介 松田さん 店長紹介 吉原さん 本部スタッフ紹介 藤井さん 本部スタッフ紹介 寺口さん
ページのトップへ
兵庫、神戸・関西圏のドラッグストアを展開しています
Copyright(C) ARKA CO.,LTD. All rights reserved.